器の使い方

つかいはじめ。

そのままお使いください。

特に煮沸や米のとぎ汁につけるなどしなくても大丈夫です。


食器棚へしまう際はしっかり乾燥させてください。 

長時間水に浸けぱなしにしないでください。

カビの原因になることがあります。


食洗機、電子レンジ、オーブンでの使用について。

使用可能ですが、振動や温度差により内部から脆くなり、欠け、割れやすくなる恐れがごさいます。

ご理解の上ご使用ください。


特に油分の多いものを盛る際には、器をサッと水ににくぐらせてからお使いください。

先に水分を含ませることで油分の浸透を防げます。


それでも、器の特性上いつかはシミができてしまうかとおもいます。

が、それも景色とおもい器を育てることを楽しんでもらえれば幸いです。


展覧会風景